• 友だち追加でLINEで簡単予約
  • タップして電話をかける
トップページ 対応症状 足底腱膜炎|宇治市黄檗おうばく鍼灸接骨院

足底腱膜炎|宇治市黄檗おうばく鍼灸接骨院

このようなお悩みはございませんか?

✓歩いていると足の裏が痛い
✓踵(かかと)が痛い
✓湿布を貼ってもなかなか改善しない

足底腱膜炎とは|宇治市黄檗おうばく鍼灸接骨院

足の裏にある『足底腱膜』という組織に炎症を起こし踵(かかと)付近に痛みが発生します。歩いたり走ったり、ひどくなると立っていても痛みを感じてしまいます。
陸上競技や球技などでよく走ったりするスポーツに起こることが多いですが、近年では長時間歩く、立ち仕事などでも発症される方が増加しています。
その他の原因としてはかかとの高い靴を履く方、足のアーチの異常、ふくらはぎの筋肉が硬い方などがあげられます。
・「朝起きてから1歩めが特に痛い」
・長時間立っていると踵が痛む
・外反母趾、偏平足である

上記のような症状をほっておくと慢性化しかかとの骨に骨棘(こつきょく)と呼ばれるトゲみたいなのが出て更に痛みが増し症状が悪化します。

宇治市黄檗の『おうばく鍼灸接骨院』の考え方とは?

体のバランス(重心)を『荷重側』『非荷重側』に大きく分けて捉えていきます。
『荷重側』とは文字通り体重の掛かってる側になります。 
例) 関節は噛み合い安定している。いわゆる軸足に多い。筋力が強い側。
『非荷重側』とは文字通り体重の掛かってない側になります。
例)関節が緩み不安定。足を組むと上の足側。筋力が弱い側。むくみやすい。

上記の症状(例)はほんの一部ですが『荷重側』『非荷重側』では痛み、不調の出現する過程が根本的に違います。ここをしっかり見極めてアプローチしないと
「続けて治療に通っているのになかなか良くならない。。。」ということが起こってきます。

宇治市黄檗『おうばく鍼灸接骨院』では「今までこんなん言われたことないわ」「前の所では逆の事言われたで」「どこ行っても一緒や」などなど
不安、不満を持った方がたくさん来られて、多くの方の症状が軽快されています。

宇治市黄檗の『おうばく鍼灸接骨院』での独自のアプローチとは?

病院では注射をすることが多いかと思いますが、『足底腱膜炎』はほとんどの方が体が硬いです。筋力も腹筋が落ちてる方がほとんどです。最初は手技をメインに下半身のストレッチを入念に行っていきます。そして『足底腱膜炎』に効果抜群のラジオ波を当てていきます。このアプローチを継続していただくと高確率で早期に回復されていきます。

宇治市黄檗の『おうばく鍼灸接骨院』の最大の特徴は今後再発しないように併設ジムにてお身体に合わせて今後再発しないように自宅でのストレッチ指導、姿勢指導、セルフケア、筋力トレーニングをお伝えしています。特に『足底腱膜炎』の場合は下腿(ふくらはぎ)の筋力、足の指の筋力を鍛えます☆

ご利用者様の希望があったり、『おうばく鍼灸接骨院』が必要と判断すれば併設ジムにて筋力トレーニングを行っていきます。

必ず一人一人に合わせてプログラムを組ませていただきます。

是非おうばく鍼灸接骨院の独自プログラムをご体験ください!

お問い合わせはこちら

おうばく鍼灸接骨院への電話でのお問い合わせはこちら!当院はご予約優先制です
LINEで簡単!ご予約はこちら
おうばく鍼灸接骨院の外観
受付時間
  9:00~12:00
15:00~20:00
自費治療のみ(前日迄に要予約)

交通事故に関することはいつでもご連絡ください

休診日:
日曜日・祝日
住所
〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄平野43-1
アクセス
JR黄檗駅より徒歩3分、京阪黄檗駅より徒歩5分、ローソン宇治五ヶ庄店向かい
駐車場
4台(当院の裏1、7、11、14)