• 友だち追加でLINEで簡単予約
  • タップして電話をかける
トップページ 対応症状 五十肩|宇治市黄檗おうばく鍼灸接骨院

五十肩|宇治市黄檗おうばく鍼灸接骨院

このようなお悩みはございませんか?

✓腕を上にあげると痛みが出る
✓腕を上にあげる事ができない
✓肩が痛くて眠れない
✓肩の痛みで目が覚めてしまう
✓手や肩がしびれる

五十肩とは|宇治市黄檗おうばく鍼灸接骨院

40代から50代に多い肩の痛み、、、
これを一般的にイメージしやすくついた名称であり正式名称ではありません。
「肩が上がらない」「夜中にズキズキ痛む」など痛む範囲、度合い、症状は非常に多くあり、
これらを総称して正式には『肩関節周囲炎』といいます。
・肩を外転(横に挙げる)と痛む
・髪の毛を洗う動作が痛い
・腕が後ろ(腰)に回らない
・夜中にうずいて寝られない

と、このように痛みの度合いも様々で痛む場所も肩の前、横、背中側と様々です。
肩こり、運動不足、老化など、、、元々の生活習慣が影響して
痛みが発生している方が多い印象があります。
肩関節の周辺の組織(関節包、筋肉、肩峰下滑液包)に炎症が起こっていると言われていますが
はっきりした原因がわかっていないのが現状です。
またあまりにも痛みがひどい場合は石灰沈着性腱板炎や腱板断裂の疑いもありますので
一度病院を受診していただく事もあります。
急性期、慢性期、回復期と周期によって実施するメニューは異なりますが
基本的には出来る限りの可動域を確保することが大事です。
だいたい回復するまでに1年くらいかかる方が多いみたいです。

放置しておくと自然に治るケースもありますが、
症状を放っておくと長期化し肩関節の可動域がどんどん狭くなり、
著しく筋力低下をし元の日常生活を取り戻すことが出来なくなる可能性もあります。
だんだん気力、意欲が低下し認知症の症状が早く表れるかも。。。

宇治市おうばく鍼灸接骨院のお身体の考え方とは

体のバランス(重心)を『荷重側』『非荷重側』に大きく分けて捉えていきます。
『荷重側』とは文字通り体重の掛かってる側になります。 
例) 関節は噛み合い安定している。いわゆる軸足に多い。筋力が強い側。
『非荷重側』とは文字通り体重の掛かってない側になります。
例)関節が緩み不安定。足を組むと上の足側。筋力が弱い側。むくみやすい。

上記の症状(例)はほんの一部ですが『荷重側』『非荷重側』では痛み、
不調の出現する過程が根本的に違います。ここをしっかり見極めてアプローチしないと
「続けて治療に通っているのになかなか良くならない。。。」ということが起こってきます。

宇治市黄檗『おうばく鍼灸接骨院』では
「今までこんなん言われたことないわ」
「前の所では逆の事言われたで」
「どこ行っても一緒や」などなど
不安、不満を持った方がたくさん来られて、多くの方の症状が軽快されています。

宇治市黄檗のおうばく鍼灸接骨院での独自のアプローチとは?

病院では注射、薬の服用が多いかと思います。
宇治市黄檗おうばく鍼灸接骨院では
自宅でのセルフケアと当院での独自アプローチで早期の回復を目指します。
基本的にはどの周期でもアイシング(局所冷却)を継続しながら
手技アプローチやはり治療やラジオ波を取り入れていきます。
それと並行して自宅でのストレッチ、振り子体操などを指導させていただき、
当院では併設ジムにて独自の可動域アップマシン+筋力アップマシンでの
リハビリトレーニングを実施し可能な限り可動域を維持したまま生活していただきます。

宇治市黄檗の『おうばく鍼灸接骨院』の最大の特徴は
今後再発しないように併設ジムにてお身体に合わせて
今後再発しないように自宅でのストレッチ指導、姿勢指導、セルフケア、筋力トレーニングをお伝えしています。
特に『五十肩』の場合は背中や肩周辺の筋肉を鍛えていくのが重要です☆

ご利用者様の希望があったり、
『おうばく鍼灸接骨院』が必要と判断すれば併設ジムにて筋力トレーニングを行っていきます。

必ず一人一人に合わせてプログラムを組ませていただきます。

是非おうばく鍼灸接骨院の独自プログラムをご体験ください!

お問い合わせはこちら

おうばく鍼灸接骨院への電話でのお問い合わせはこちら!当院はご予約優先制です
LINEで簡単!ご予約はこちら
おうばく鍼灸接骨院の外観
受付時間
  9:00~12:00
15:00~20:00
自費治療のみ(前日迄に要予約)

交通事故に関することはいつでもご連絡ください

休診日:
日曜日・祝日
住所
〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄平野43-1
アクセス
JR黄檗駅より徒歩3分、京阪黄檗駅より徒歩5分、ローソン宇治五ヶ庄店向かい
駐車場
4台(当院の裏1、7、11、14)